BLOGブログ
BLOG

大切なワンちゃん、ネコちゃんとのお別れにはお花を供えませんか?

2018/11/06
  • '.@image_alt.'

埼玉 ふじみ野にある花屋「フラワーショップ花のん」です。

当店はもちろん花屋が本業ですが、私(オーナー)と犬の散歩仲間からの発展で花屋を経営したこともあり、わんちゃん専用の「ぱふぇごはん」の販売代理店業やペットの想いを飼い主さんに伝える「動物対話士」の方をお招きして、店内で「動物対話イベント」を毎年2月、7月の第一土日に開催するなど、ペットに関することを積極的にやっています。

今後徐々に「ぱふぇごはん」や「動物対話イベント」のことも、ブログでご紹介していきたいと思います。

今日は、どうしても私達より先に亡くなってしまうペットちゃんとの悲しいお別れの際に「お供えアレンジ」を飾ってあげましょう!というお話です。

先にご紹介した通リ、ペットとの関連性が深い花屋であることもあり、当店にはペットちゃんへ手向けるお花のご注文や、お供えアレンジのご注文を戴くことが非常に多いです。

私達も15歳と11歳になるチワワを飼っていますので、ペットとのお別れが飼い主さんにとって、どんなにつらいことかお気持ちは良くわかります。

人とのお別れの時もそうですが、つらい気持ちを少しでも和らげてくれる効果が「お花」にはあると思っています。

私たちも大事な親族の死を経験した過去があり、その時は本当に「お花」に助けられた想い出があります。

当店では、お知り合いやお友達の飼っていたペットちゃんが亡くなったので、お花を贈りたいという方が多いかと思いますが、もちろん飼い主さんがペットちゃんへの感謝の気持ちを表す意味でも「お花」を飾ってあげては如何でしょうか?

ペットちゃんの「お供えアレンジ」といっても、明るい感じのお花を使って、色合いだけ男の子向け・女の子向けという感じでお作りしています。

ご予算は2,000円~3,000円が方が多いですが、ご依頼の際はペットちゃんの性別だけスタッフへお伝えください。