BLOGブログ
BLOG

異動や退職お祝いの花束はふじみ野市「フラワーショップ花のん」にお任せください!

2020/02/24
  • '.@image_alt.'

異動や退職お祝いの花束はふじみ野市「フラワーショップ花のん」にお任せください!

2月、3月は異動や退職祝いなどで花束を贈る機会が増える時期かと思います。


皆様も、花束を戴いたり、プレゼントで贈ったりした時に「素敵な花束!」と思える花束と「何か普通だな?」と思ったことはありませんか?

 

おそらく「素敵な花束!」と思えた花束は、フラワーアレンジ技術が高い花屋さんが作った花束だと思います。

 

実は花束の制作は簡単ではなく、しっかりとした知識と技術が必要なんです。

基本的な知識と技術があれば、お客様のご要望を伺い、イメージ通りに花束を作れますが、その技術がないと誰もが「素敵だな!」と思える花束は作れません。

花束を制作するには、花選びや色合いのバランスなどはもちろん、花のグルーピングや花の奥行きを取ること、花を組む時はスパイラル状に束ねること、きれいなラッピングが出来ることなど、専門的な知識と技術が必要なのです。

 

お客様でも、技術差が簡単に見分けられる方法が一つあります。

花束のラッピングを外し、花の茎部分がどの様に束ねられているかを確認してみてください。

技術のない花屋さんは、茎をストレートに真っすぐ組んでしまうので「ぎゅっとした感じの花束」になってしまい、ボリュームのない花束になってしまいます。

技術のある花屋さんですと、花をスパイラル(らせん状)に組む技術があるので、「ふんわりとボリュームがある花束」になります。

同じ花の種類と本数で作っても、全く違う花束になってしまうのです。 

花をスパイラルに組む技術は大変難しく、しっかりとした指導者のもとで、何時間もレッスンを重ねないと習得出来ない難しい技術です。

※スパイラルとストレートの束ね方の違いは、掲載写真の5枚目を是非ご覧願います

 

花束やアレンジ制作などのフラワーアレンジ技術の高さは、フラワーアレンジの資格を持っているスタッフが在籍している花屋さんかどうかで、ある程度判断が出来ます。

フラワーアレンジの資格とは、民間の資格と国家資格がありますが、民間の代表的な資格である「NFD(日本フラワーデザイナー協会)認定資格」を持っている、国家資格では「フラワー装飾技能士資格」を持っているスタッフが在籍しているかを花屋さんのホームページ等で確認してみてください。

スタッフが資格を持っているのにホームページでアピールしないことはないと思いますので、ホームページで「NFD(日本フラワーデザイナー協会)1級資格」保有などと書いてあれば、間違いなく技術の高い花屋さんです。

 

民間資格も国家資格も、3級→2級→1級と段階があり、特に1級資格を取得するのは大変難しいのですが、当店には民間資格である「NFD1級資格保有者」が4名、国家資格である「フラワー装飾技能士1級保有者」が3名も在籍している花屋です。

お客様にはとてもわかりにくい資格ですが、民間資格である「NFD1級資格」を保有するまでには、各級毎に40レッスン以上の実技レッスンを受講し、更に各級毎に実技・筆記試験に合格しなければ取得出来ない大変難しい資格なのです。

 

おそらく、都内の一流の花屋さんでも、このレベルの資格を保有しているスタッフが多数在籍している花屋さんはほとんどないと思います。

よく駅中にある「XXフラワー」のスタッフも、社内研修における「社内認定レベル」の資格保有者はいますが、上記の資格保有者はほとんどいないのが実態です。

当店が制作する商品がお客様より高い評価を受ける理由は、上記の様なハイレベルの資格を持ったスタッフが作っているので高い評価を戴けているのだと思います。

 

まだ当店をご利用されたことがない方は、是非一度当店をご利用してみてください。

当店では配達対応も行っており、ふじみ野市、三芳町、富士見市は無料で配達しています。

また周辺地域(朝霞市、志木市、新座市、所沢市、川越市、さいたま市)などへの配達も、距離によって別途配達料500円~1500円位にて対応しております。

どうぞよろしくお願いいたします。